ようこそ! 「顔のシワ、たるみを解消する」へ
ポータルトップ >  ホーム >  おすすめ化粧品  > アンチエイジング化粧品の選び方

アンチエイジング化粧品の選び方

shiwa69.jpg年齢肌化粧品として、
リンクルという名の付く美容液がよく市販されています。

リンクルとはしわのことで、エイジング化粧品という意味ですが、
これは年齢と共に減少するコラーゲンとヒアルロン酸を肌に浸透させるもので、
ドモホルンリンクルなどが有名です。

CMでお馴染みですが、
ドモホルンリンクル製品の独自の使用方法があり、
泡立てる、たたき込む、ぬり込む、おさえ込む、
などの手間と時間をかけて、年齢肌と向き合っていく、
30代からのアンチエイジング化粧品です。


年齢と共にコラーゲンを作る力は弱ってきます。
コラーゲン力が弱くなった肌は、ハリとツヤがなくなってきます。
そこに加齢が伴うと、しわやたるみができ、
それが年齢肌と言われるものです。


目元はこじわが目立つ場所ですが、
目元専用のアイクリームも市販されています。

これにもやはりコラーゲンの生成に必要なレチノールや、
最近ではボトックス成分の入ったものもあります。


ボトックスは筋肉を収縮させる伝達物質を抑制させ、
筋肉を弛緩させてしわをなくすという美容整形での治療法でよく使われています。


美容整形ではボトックスを注射器によって注入しますが、
注射器での注入に抵抗のある人には、
アルジルリンやロイファシルなどの、
ボトックスと同じ効果のある、
アミノ酸系美容液の入ったしわ用クリームがあり、注目されています。


手軽にできて、効果も高いと言われているのがプラセンタ美容液です。
プラセンタとは胎盤のことで、
人間の細胞のさまざまな機能を高めてくれます。


更年期障害、アトピー性皮膚炎、疲労回復にも効果があります。




【PR】売れてます!!話題のスキンケア化粧品

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen