ようこそ! 「顔のシワ、たるみを解消する」へ

「顔のシワ、たるみを解消する」へようこそ

shiwa003.jpg

顔にできるしわは、乾燥や紫外線、顔面の筋肉が衰えてできるものです。

眉間や目尻の表情じわと言われるしわは、普段のその人のクセなどでできやすく、できたときには比較的浅いしわですが、これは加齢と共に深くなっていきます。

できてしまったしわには美容整形で除去という方法もあり、最近ではボトックス注入という治療が注目されています。

これは筋肉の働きを弱め、しわをできにくくするという施術法です。

普段自分でできるしわ対策としては、顔の表情筋を鍛えたり、
美容液を使った朝晩のパックなどがあります。

しわは肌が衰えてできるものですが、顔のしわの場合、
それを支える表情筋を鍛えることで、筋肉が維持され、
たるみを防ぎ、しわを予防することができます。


日本人は他の国の人に比べて、顔の表情筋を殆んど使っていないと言われています。
また意識をしない限り、なかなか表情豊かに毎日過ごすのも難しいでしょう。
なので毎日鏡に向かって、色々な表情をしてみるだけで、顔の表情筋は鍛えられます。

またしわに効く食べ物を摂取するのもいい方法です。
コラーゲンやヒアルロン酸は、年齢と共に減少していくので、
それらのものを多く含んだ食べ物を普段の生活に取り入れましょう。


顔は年中外にさらされているので、紫外線を受けやすいですが、
極力紫外線は避けた方がいいでしょう。

紫外線は浴びれば浴びるほど、肌に悪いと言われています。というのは、
紫外線は真皮の奥にまで入り込んで、内部の組織まで破壊してしまうからです。
真夏の紫外線に限らず、日焼け止めクリームや、乳液を使って、紫外線対策をしましょう。

最新コンテンツ

☆ しわ・たるみ用化粧品ランキング (おすすめ化粧品) 
☆ アンチエイジング化粧品の選び方 (おすすめ化粧品) 
☆ 宮沢りえさん、痩せてしわが増えた? (しわについて) 
☆ 眉間シワのマッサージ方法 (部分別予防・対策) 
☆ 表情筋エクササイズが効果的 (しわ・たるみ予防・対策) 
☆ 目の下、目元のしわ予防とと対策 (部分別予防・対策) 
☆ まぶたのしわとたるみには (しわ・たるみ予防・対策) 
☆ 目の下のシワ改善策 (部分別予防・対策) 
☆ 目の下のシワとくま対策 (部分別予防・対策) 
☆ 目の下のしわとたるみ (部分別予防・対策) 

顔のシワ、たるみを解消するコンテンツ

 
しわはどうしてできるのでしょう?しわのしくみやしわの種類、しわとり取りの方法や、正しいマッサージなどを紹介します。乾燥シワやほうれい線で悩んでいる方、是非ご覧ください。

 
30歳を越えますと、肌は、肌細胞を生成するアミノ酸が不足し始めます。これが肌老化の原因となり、シワ、たるみの原因となっています。ここでは目の下のシワ、おでこしわ、眉間、首のしわやたるみの解消法など部分別の予防と対策法について紹介します。

 
しわやたるみができる原因は、乾燥や紫外線による水分不足と表情筋の衰えです。また目元のシワ、いわゆるちりめんジワは保水力を高めないと、すぐに乾燥してしまい、改善してくれません。ちりめんジワは乾燥が原因なのは、ご存知の通り。ちりめんジワには保湿よりも大事な事があるのです。

 
おすすめの化粧品や美容液、クリームなどを紹介します。目元や口元にできる深いシワの原因、それは老化によって失われてゆくお肌のアミノ酸が原因となっています。ペプチドは不足したアミノ酸を補給する役目をもっています。アミノ酸バランスを取り戻すことが、内側からハリがでて、シワを減少させます。

 
ビタミンCはお肌を活性化させる効果があるのですが、非常に壊れやすく、お肌に浸透しにくいという事が欠点といえます。当方がおすすめする高濃度ビタミンCは肌の酸化を防ぎ、コラーゲン層を刺激して、シワやたるみが発生しにくい肌へと変化させます。