「シミを消す正しい治療法」を閲覧いただきありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  ここがポイント!!  > 美白成分は浸透しないと意味がない


美白成分は浸透しないと意味がない

simi009.jpgシミを薄くしていくためには、美白成分が不可欠です。

その美白成分が働いて、ようやく濃かった色が薄くなり、肌から目立たなくなっていくのです。

そのためには有効な美白成分を深く肌に浸透させなければなりません。


それはどうしてなのかといいますと、肌に出来ているシミは表面だけの状態ではないからなのです。肌の表面に出ているのは目に見える部分であって、実際は実に根が深いのです。

紫外線を浴びて、それが肌へ刺激となり、そこで体を防御するため、肌の奥では酵素チロシナーゼがメラノサイトに働きかけて、色素がついたメラニンを排出します。

その状態が続いているのがシミですから、ビタミンCのようにメラニンをストップさせたり、無色化したりさせるため、肌に浸透しなくては意味がないのです。

また肌に浸透させなければ、メラニンを含んだ古い角質が自然とはがれ落ちるように、レチノール(ビタミンA)が肌に働きかけることもできませんし、ハイドロキノンがメラニンを含んだ角質細胞を漂白することもできません。

シミを薄くするためには、こうしたビタミンCやレチノール、ハイドロキノンなどの美白成分が肌に深く浸透していかなければ無駄になってしまうのです。

つまり肌の根が深いからこそ、深く肌に浸透させる必要があるのです。

そのためさまざまな化粧品会社が独自成分の美白成分を開発していますが、どれも肌に深く浸透していく作用があるものばかりなのです。

肌表面だけでなく、奥に深く浸透していかなければ、美白成分は意味がないのです。




【PR】シミ取り、シミ消しおすすめ化粧品

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen