「シミを消す正しい治療法」を閲覧いただきありがとうございます。

シミを消す正しい治療法へようこそ

顔のシミは突然あらわれます。次の出番をまっているシミ予備軍を放っておいて大丈夫ですか?顔のしみの原因やしみ取りの対策方法などシミに関する総合情報サイトです。

最新コンテンツ

☆ シミを肌表面に押し出そう (頑固なシミには 
☆ 浸透テクノロジーに注目 (ここがポイント!! 
☆ 美白成分は浸透しないと意味がない (ここがポイント!! 
☆ ハイドロキノンの効果(美白) (濃いシミ対策 
☆  濃くなったシミはハイドロキノンで (濃いシミ対策 

シミを消す正しい治療法コンテンツ

 
30代も半ばを過ぎると、お肌に現れる顔のシミ。シミは年齢を重ねるごとに大きく、濃くなっていきます。まずシミ対策で大切な事、それは正しい対処法を知ることです。シミの出来る原因を知り、適切な対処法をマスターしましょう。

 
シミが出来た場合、早めのケア対策が重要です。出来たばかりのしみには、ビタミンCが有効です。メラニンを元の無職に戻す効果があり、天然の美白成分といえるでしょう。またお肌に潜むシミ予備軍にも効果があります。

 
頑固なシミにはビタミンA(レチノール)との相乗効果で退治しましょう。長い年月でつくられた頑固なシミは、ビタミンAを補給してあげると効果的です。また新陳代謝を整え、美白効果とあわせることで、焦らずじっくりとシミのケアを行いましょう。

 
濃くなったシミには細胞レベルでのケアが必要となります。皮膚科医でも処方している、美白成分であるハイドロキノンは、アルブチンの何と100倍もの美白効果があるといわれています。濃くなったシミケアにはハイドロキノン配合製品が有効です。

 
シミ対策に有効な成分である、ビタミンCとハイドロキノンには、肌に浸透しにくいという欠点があるのです。しみ対策の製品や化粧品、美容液を選ばれるときには、必ず浸透テクノロジーが使用されているか、必ずご確認ください。お肌に浸透しなければシミ対策にはなりません。