ようこそ! 「大人ニキビの治し方」へ
大人ニキビの治し方 トップ >  顔・体にできるにきび  > 背中にきびに効く薬

背中にきびに効く薬

nikibi75.jpg背中にきびを薬で治す場合、市販の治療薬は、
軟膏やローションタイプのような体外からの治療薬が多く、
体内からの治療を目的とするものはあまり無いものです。

背中のにきびも、
顔のにきびと同じにきびの薬を使用してかまいませんが、
薬を塗るにも手が届かなかったり、
塗る範囲が広すぎて、というのが背中のにきびです。

そんな時は飲む薬として、チョコラBBやハイシーBメイト、
キュティナなどビタミン主薬製剤で身体の中から
背中のにきびに働きかけてあげることでしょう。

体内から摂取する薬としては、こうしたビタミン剤がありますが、
背中にきびの直接的治療を目指すものではありません。


漢方薬では、背中のにきびに効く薬としては、
身体のバランスを整える作用をもつ「大柴胡湯」、
背中・おしりに痛みを感じるにきびには、
「十味敗毒湯」という漢方薬が良いと言われています。


背中にきびが治りにくい場合、
顔だけでなく胸や背中にも使えるプロアクティブなどの
にきび予防製品を検討してみるのも一つの方法かもしれません。


便秘症などの人も、背中にきびができやすいといわれますので、
便秘を解消する薬も一つの背中にきびのための薬と言えますが、
これも直接効果が期待できるものではありません。

背中にきびの薬と同時に服用したりするのは、
やはり皮膚科医などの処方に基づいて行うほうが安全でしょう。


皮膚科で治療を行う場合は、背中にきびに対し、
薬では内服と外用の両方、これに加えて食事指導、
症状によっては外科的治療も行います。

背中にきびの治療と薬には、生活の改善も含めて、
様々な両方の適度なバランスが必要となります。




【PR】今売れてます!! おすすめの二キビケア商品

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen