ようこそ! 「大人ニキビの治し方」へ
大人ニキビの治し方 トップ >  顔・体にできるにきび  > ファンデーションの注意点

ファンデーションの注意点

nikibi70.jpg背中にきびに限らず、にきびに対して、
ファンデーションは毛穴に詰りやすく
にきび肌の人には負担が大きいため、
ニキビが改善するまではつけないか、
あるいはつけるとしても、薄くつけるようにして、
必要でなくなったらすぐに落とすようにすることです。

ノンオイリーのファンデでも、
長時間つけていると
自分の皮脂と混ざり合ってクリームファンデになってしまい、
にきびにはよいとは言えません。

背中にきびのにきび跡などを隠すのに、
ファンデーションを選ぶときは、
カバー力の強いリキッドファンデーションなどを選ぶと、
にきびが悪化してしまうことがありますので、
注意しなければいけません。


ファンデーションは、なるべく薄づきのタイプのものを
選ぶようにするのがよいでしょう。

また、コンシーラーなどを利用すれば、
気になるにきびの赤みを隠すことができます。


背中にきびには、まず刺激の強い化粧品を避けることが大事です。
ファンデというと、肌に負担がある、というイメージがどうしてもあるため、
スキンケアにもよさそうなファンデを選ぶことです。

汗に強く、保湿効果のあるものが向いていると言えます。
夏の時期に向けては、UVカットの効果があるものも良いでしょう。


最近は、ファンデーションでも、
にきび肌の人でも肌に負担をかけないファンデーションというものが
いろいろと販売されていますが、
皮膚科の専門家のアドバイスも受けながら、
自分に合ったものを選ぶようにすることです。

また、ファンデーションは、必要なくなったら
出来るだけ早く落とすようにしましょう。




【PR】今売れてます!! おすすめの二キビケア商品

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen