ようこそ! 「大人ニキビの治し方」へ
大人ニキビの治し方 トップ  > 顔・体にできるにきび


顔・体にできるにきび

あごにきびや背中ニキビなど顔や、体にできる、ニキビの原因と治療法をお伝えします。あごにできるにきびは気になってしまいます。ハーブはニキビの炎症や肌への刺激や乾燥から守る効果があり、ニキビの悪化を防いでくれます。

背中にきびに効く薬

背中にきびを薬で治す場合、市販の治療薬は、 軟膏やローションタイプのような体外からの治療薬が多く、 体内からの治療を目的とするものはあまり無いものです。 背中のにきびも、 顔のにきびと同じにきびの薬を使用してかまいませんが、 薬を塗るにも手が届かなかったり、 塗る範囲が広すぎて、というのが背中のにきびです。 そんな時は飲む薬として、チョコラBBやハイシーBメイト、 キュティナなどビタミン主薬製剤で...

東洋医学と漢方

東洋医学では、 背中にきびなどの大人にきびや跡ができるのは、 皮膚からの熱の発散が上手くいかないことや、 胃腸の働きが悪くなり、 お腹が冷えて皮膚の発散力が弱まることなどが原因とされています。 血に熱があったり、汚れがあったり、のぼせがあると、 身体の上部(顔やあご、頭部)や 背中などから熱や汚れを発散したいために、赤く出てくるという仕組みです。 背中にきびを解消にするには食生活の改善が大事ですが...

背中にきびがしみになったら

背中にきびの跡は、クレーター状になったり、 ケロイド状になったりすることは少なく、 しみになりやすいものです。 これは、体が日光(紫外線)に照射されると、 肌を紫外線から守ろうとして、 メラニンを作る器官であるメラノサイトの動きが活発になり、 メラニンが多く作られることになります。 本来メラニンは皮膚のターンオーバーで排出されますが、 メラニンが多すぎると、排出されずに残ってしまったメラニンが、 ...

耳にできるニキビ

耳にも、まれにニキビが出来ることがあります。 ニキビが出来やすい体質の人だと耳にニキビが出来たりします。 ニキビの原因として、皮脂の分泌の乱れ、細菌感染、化粧品、食事、性ホルモンのバランス、睡眠不足などがありますが、耳の場合、髪の毛の毛先が当たることで刺激になってニキビが増えたりしますので、家にいるときは髪の毛を上にあげるようにするのも一つの対策です。 髪をすっきりまとめて刺激を与えないようにし...

洗顔と石鹸

ニキビ対策の基本は洗顔とよく言われますが、 背中にきびも洗うことがポイントです。 ただ、特に体を洗う場合、 ボディーシャンプーは避けた方がよいです。 ボディーシャンプーは欧米で開発され、 最近は日本でも広く使われるようになっていますすが、 どれも洗浄力が強すぎ、 また、洗浄料が肌に残りやすいという欠点があり、背中にきび対策にはふさわしくありません。 ニキビ用石鹸も脱脂力が強いものがあり、ニキビに刺...

ボディシャンプーと入浴剤

背中にきびの対策として、 こまめに体を洗って体を清潔に保つことが大切ですが、 市販のボディシャンプーや入浴剤でも、 香りやしっとり感を重視したものの中には、 肌への刺激が強いものもあります。 背中にきびが出来ている時には、 なるべく香料や界面活性剤の入っていない 低刺激の石鹸などを使うほうがよいでしょう。 入浴剤では、どくだみ入浴剤が効果があります。 保湿成分が配合された入浴剤が良いようですが、 ...

ファンデーションの注意点

背中にきびに限らず、にきびに対して、 ファンデーションは毛穴に詰りやすく にきび肌の人には負担が大きいため、 ニキビが改善するまではつけないか、 あるいはつけるとしても、薄くつけるようにして、 必要でなくなったらすぐに落とすようにすることです。 ノンオイリーのファンデでも、 長時間つけていると 自分の皮脂と混ざり合ってクリームファンデになってしまい、 にきびにはよいとは言えません。 背中にきびのに...

背中ニキビをブライダルエステで

ウェディングプランで、背中にきびは忘れるわけにいきません。 ウェディングドレスだと、結構背中が見えるものです。 ブライダルエステとして背中にきびの対策を行いたいのなら、 挙式日、症状、悩みの内容などで、 スタートする時期が変わってきます。 それでも、美しい仕上がりを目指すなら、 3ヶ月前くらいから準備を行った方がよいでしょう。 ウェディングプランをきちんと立てておくと、 あわてることなくスムーズに...

ウェディング前に背中ニキビ対策

婚約が決まったとき、 結婚式で背中の開いたウェディングドレスを着たいものです。 背中が赤く、にきび跡になりそうなときは、 皮膚科かエステサロンにいくほうが良いでしょう。 出来れば3ヶ月以上前には皮膚科に行って相談することです。 日ごろの心がけとしては、 化学繊維の下着や、締めつけの強いブラジャーを使うと 汗がたまりやすいので、背中にきびの原因となりますので注意することです。 ストレスをためないよう...

背中ニキビにローズヒップ

背中にきびの対策の一つとして、 飲み物にも注意をすることです。 食事に気をつけても、 飲み物まではなかなか注意が回らない人が多いかもしれません。 つい飲んでしまうことが多いコーヒーや紅茶、 緑茶、ココアなどのカフェインの入った飲み物は、 やはり背中にきびの対策としては、よくありません。 カフェインは一種の神経興奮物質です。 就寝前に飲むと、睡眠に影響し、これが肌の再生も妨げます。 飲み物としてふさ...

レーザー治療 スムースビーム

ニキビに効くとして、最近注目されているスムーズビームは、 医療用レーザーを用いたニキビ・にきび痕治療法です。 スムーズビームは、アメリカのFDAで 「レーザーでのニキビ治療」として初めて認可を受けたものです。 また、クールタッチなど、 日本で多く使われている機種に比べて効果が高く、 コラーゲンを生成するように促すため、シワ取りといった効果もあります。 スムースビームは、真皮上層付近の肌組織に熱エネ...

赤ニキビができたら

ニキビは、初期の段階である白ニキビから順番に、黒ニキビ、赤ニキビと悪化していきます。 毛穴内に溜まった皮脂を栄養として増殖するアクネ菌の代謝物が、毛穴内とその周りの皮下組織を刺激することで、炎症が起こった状態が赤ニキビです。 できれば、はじめの白ニキビのうちに対処するのが望ましいでしょう。 すぐに赤ニキビになってしまうのではなく、詰まった皮脂が表面に突出し、酸化を引き起こした状態の黒ニキビの予兆...

おでこのニキビのケア

おでこも、ニキビが出来やすいところです。 おでこのニキビケアとして大切なことは特別なことを行うのではなく、顔のニキビと同様毎日の正しい洗顔を基本にケアすることです。 必要以上に神経質にならず、触ったりつぶしたりは絶対しないことです。 また、おでこや頬のニキビは、前髪の影響やほおづえをつく癖などが原因になるケースがありますので注意が必要です。 おでこに出来たニキビは、前髪が当たることでひどくなる事...

思春期にできるニキビ

ニキビは、思春期の象徴ともいえます。 学生の頃、ニキビに悩まされた人も多いでしょう。 思春期に、ニキビが出来る主な原因は、過剰な皮脂の分泌によるものです。 10代前半頃から、男女とも男性ホルモンの働きが活発になり、毛穴から多くの皮脂が分泌されるようになります。 しかし、10代前半だとまだ毛穴が小さいことから、毛穴から皮脂がうまく排出されず、汚れなどと一緒に毛穴にたまりやすくなり、これがニキビとな...

あごにきびの原因

ニキビは思春期の象徴のように思われていますが、 あごにきびは、大人になってから出来るものです。 元来、ニキビは成長ホルモンの影響や、 活発な代謝による過剰な皮脂分泌などが原因でできるものであり、 皮脂の分泌量が多い鼻や額にできることが多いものです。 ところが、大人になってからできる、 あごにきびなどは、これ以外の原因で出来ることが多いのです。 近年、あごにきびも含めて大人のにきびが増えてきている原...

背中にきびの正しい対策法

背中にきびの対策は、汗をかいたら拭くこと、皮脂の汚れをきちんと落とすことがポイントになります。 化学繊維の下着は汗がたまりやすく、皮脂や汚れや脂肪にアクネ菌が繁殖して、にきびを作ってしまいやすくなります。 このため、化学繊維の下着もできるだけ避けたほうが良いでしょう。 背中にきびを防ぐには、毎日きちんとお風呂に入ったりして体を清潔に保っておくのが基本ですが、石けん等の中には、洗浄力が強すぎるもの...

背中にきびが出来る原因

顔のにきびで悩んでいる人は、結構背中ににきびが出来ている場合も多いものです。 背中ににきびができる原因はいろいろありますが、原因の一つにアクネ菌があります。 アクネ菌は皮膚の毛穴に発生するもので、顔のにきびがの原因でもあります。 このアクネ菌は、顔だけでなく人の背中の毛穴にも発生します。 背中自体顔よりも脂線が大きく、活発に脂を作ります。 しかも、顔のうぶ毛よりも背中や胸のうぶ毛は太いので、脂が...

鼻ニキビの原因と対策

鼻は、思春期には特にニキビが出来やすい場所と言われています。 これは顔の中でも鼻は特に皮脂量が多く、紫外線等の外的刺激にもさらされやすい部分だからです。 大人でできる鼻のニキビの場合、鼻下からあごのラインにかけてできるニキビは腸の失調(下痢・食べ過ぎ・腸の疲れ)が原因で生じることもあるようです。 これ以外、ストレスも絡んできます。 鼻のニキビ対策としては、肌を清潔に保つために朝晩の正しい洗顔とU...

首にできるニキビ

首は、本来そんなにニキビができるところではありませんが、たまに首にニキビが出て悩む人もいるようです。 首のニキビは大人ニキビに分類され、思春期ニキビとは違い複雑な原因が絡んできます。 しかし、基本的には顔の大人ニキビと同じものと考えて良いでしょう。 大人ニキビの原因として多い、ストレスが絡んでくるようです。 また、首周りは汗をかきやすいことから細菌が増殖しやすく、汗による細菌の増殖も首ニキビの原...

あごに出来る大人ニキビ

\あごに出来る大人ニキビは、 主に思春期に出来る、皮脂腺の多いおでこや 鼻まわりなどのTゾーンのニキビと違い、 胃腸の働きの低下や血液循環の不良など、 体調不良が主な原因で生じます。 こうしたニキビは、血液の循環不良、 下半身の血流低下などが原因のことが多く、 ニキビと共に、手足の冷えなどの症状が出たりしますし、 赤ら顔なども起こしやすくなります。 あごに出来るニキビも含めて、大人ニキビは、 スト...

胃を悪くすると

あごニキビや吹き出物は、 胃が悪い人に多いと言われます。 このため、あごニキビができれば、 胃腸の状態にも注意が要ります。 胃腸の働きが悪くなると、食べたものの消化が悪くなり、 消化しきれなくなったものが、皮膚や下痢で外に出さなければならず、 その負担が肌に出たりするのです。 弱った胃で排除できなかった食物の毒素は、 小腸・大腸から吸収され、あちこちで炎症を起こす要因になります。 また通常より刺激...

あごにきびの治療法

あごにきびの治療には、 まず、肌を清潔にすることを心がけ、 正しい洗顔を行い、 ストレスコントロールできるように努力することが第一です。 紫外線なども、皮膚を硬くしてしまうことがあるため、 毛穴が詰まりやすくなります。 このため、紫外線対策も必要になってきます。 あごにきびの治療は長期間、根気よく取り組む必要があります。 あせるとかえってストレスがたまってしまい、よくありません。 あごにきびは、ホ...

刺激や乾燥から守る

天然ハーブには色々な種類がありますが、お肌の刺激や乾燥から守る代表的なハーブを紹介します。 ○ラベンダー (シソ科) 美容面ではニキビや吹き出物といったトラブル肌に高い殺菌作用が働き、また細胞の成長を刺激し肌の若返りの効果も期待できると言われています。また、皮脂分泌の調整作用があるので肌のタイプを選びません。 ○ジャスミン (モクセイ科) ジャスミンは、全ての肌質に有効で特に老化肌や乾燥肌の...

ニキビ悪化を防ぐ

天然ハーブには色々な種類がありますが、ニキビ悪化を防ぐ代表的なハーブを紹介します。 ○サンダルウッド (ビャクダン科) サンダルウッドは、皮膚のバランスを整えるので油性肌にも乾燥肌にも対応し、熱やほてり、汗の過剰分泌を抑えるといわれています。 また、クリーニング作用により、にきびや吹き出物などのお肌のトラブルや老化肌にもしっとり感を与えるのに有効といわれています。 ○ニーム (インドセンダン...