ようこそ! 「大人ニキビの治し方」へ
大人ニキビの治し方 トップ >  ニキビ跡(痕)  > ニキビ跡の予防と改善法

ニキビ跡の予防と改善法

nikibi46.jpgニキビが治ったものの、
ニキビ跡が残ってしまい、
なかなかきれいな顔にならない、
と悩む人は結構多いとおもいます。

ニキビが一旦治まっても、
同じ場所にまたニキビが出来てしまい、
これを繰り返すと、ニキビ跡が出来やすいものです。

また、つい、ニキビをつぶしてしまうと、ニキビ跡になりやすいものです。


まず、ニキビ跡の予防には、ニキビをつぶさないようにすること以外に、
ニキビに触らないようにすることが大事です。

基本的に、顔に触るのは洗顔のときだけにするようにします。


ニキビが白いうちは、まだ治りやすく、
ニキビ対策をきちんとしていれば、ニキビ跡も残らずに治ります。


白ニキビ対策は、まず肌を清潔に保ち、
毛穴の汚れもきれいにしておくことが、最大の予防とされています。

ニキビがひどくなり、なかなか治まらない状態になれば、
早めに皮膚科で診てもらうのが良いでしょう。


皮膚には、刺激から守ろうとする働きから、
厚く硬くなる働きと、古い皮膚がとれて、
新しい皮膚が下からできてくる、角質代謝という働きの二つがあります。

このため、刺激が続けば皮膚は厚く硬くなってしまい、
刺激がなくなれば、角質代謝がうまく行われるようになって、
薄くて柔らかい元の肌に戻ろうとするのです。


ニキビ跡を改善させるには、肌を再生させることです。

このためには、化粧水で、しっかり保湿するなどして、
肌をいたわれば、肌表面の角質がはがれ、新しい肌ができるようになり、
それによってにきび跡が薄くなります。

基本的に、肌の保湿が大事となります。
また、ニキビ跡の改善には、早い効果を求めず、
じっくり取り組むことも大切です。




【PR】今売れてます!! おすすめの二キビケア商品

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen