ようこそ! 「大人ニキビの治し方」へ
大人ニキビの治し方 トップ >  ニキビ跡(痕)  > 色素沈着になってしまったら

色素沈着になってしまったら

ニキビがひどくなってくると、肌の細胞が反応してメラニン色素を多量に生成します。
そのメラニン色素が、炎症を起こしたニキビ部分に集まることで
出来たシミの一種が色素沈着です。

紫外線で生じるシミよりは、相対的に回復が早いようですが、やはりきちんとしたケアが大切です。これには、ビタミンCを多く含んだ食材を摂ることも大事です

ニキビの跡は、炎症後の色素沈着であり、炎症が治まれば通常は薄くなって消えますが、炎症の度合いや、治る途中で紫外線を浴びてしまったりすると、シミになってしまうこともあります。色素沈着のシミは、早いうちに、美白ケアと同時に紫外線ケアをきちんと行うことが大事となります。消したいからといって、触ったりすると、メラニン色素を増やす刺激になります。このため、触りすぎないことです。

ニキビ跡が色素沈着を起こし、茶色のシミになってしまったら、早めに血行促進作用、細胞増殖、細胞賦活作用のある成分やビタミンEなどの入ったクリームなどでケアをすることが大事です。薬やケア用品を塗るときには、刺激を与えないよう注意することがシミ予防になります。ビタミンCやL-シスチンなどのサプリを摂ることも良いでしょう。マッサージ、エステに頻繁に通うこと、ピーリングなどはよくありません。

ニキビによる色素沈着のシミがひどく、なかなか消えない場合は、やはり専門医に相談することでしょう。肌の表面の色や凹凸を正常にすること、炎症を抑えること、などの治療を受けます。活発な皮脂の分泌を抑え、菌を殺し、炎症をしずめること以外に、炎症後の色素沈着を薄くしたり、陥没した痕を修復することが中心になります。




【PR】今売れてます!! おすすめの二キビケア商品

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen