ようこそ! 「大人ニキビの治し方」へ
大人ニキビの治し方 トップ >  ニキビ跡(痕)  > ニキビ跡の治療

ニキビ跡の治療

ニキビ跡で、クレーターのようになってしまった場合、
初期のニキビのように、自分で薬をつけるなどして治すのはかなり難しいものです。

ニキビ跡クレーターを改善するには、専門的な治療が必要不可欠となります。
ニキビ跡クレーターの改善法は、クレーターの深さによって多少違ってきます。


主な処置として、クレーター部分を切開して縫い合わせる方法。
レーザーを照射して薬やコラーゲンなどを用いる方法、などがあります。

まずはカウンセリングで自分の症状を知り、適切な処置を受けることになります。

ただ、ニキビ跡の治療は、結構長い期間がかかり、
保険も利かないため、ある程度の費用がかかるのは覚悟しなければいけないでしょう。


肌に優しい治療法としては、皮膚科の一般的な治療の継続とともに、
ケミカルピーリング、レチノイド外用剤等を組み合わせるのが良いでしょう。

最近主流になっているケミカルピーリングは、
浅い、中等度の深さ、深い処置の3種類有ります。

にきび跡のクレーターの治療には、中等度以上、深く処置する、
たとえばブルーピーリング(トリクロール酢酸)を行います。


これ以外のニキビ跡の治療法としては、
専用の機械を使って皮膚の表面を削ることによって
ニキビ跡の凸凹を改善するサンドペーパー法、皮膚の水分を熱に変換し、
一定の厚さで皮膚を焼いていくCo2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療。

ニキビ跡の凹み部分に細胞を増殖させるFGF
(Fibroblast Growth Factor 線維芽細胞増殖因子)を注射することで、
ニキビの凹みを盛り上げさせて凹みを改善させるFGF治療などがあります。




【PR】今売れてます!! おすすめの二キビケア商品

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen