ようこそ! 「大人ニキビの治し方」へ
大人ニキビの治し方 トップ >  ニキビの治療法  > にきびの消毒方法

にきびの消毒方法

nikibi86.jpg

ニキビでも、白ニキビの初期の段階だと自分で中身を出すなどの対処は出来ます。

ただし、指でつぶすようなことは跡が残るのでやってはいけません。

指でつぶしたり、消毒した針先などでつっつき、皮脂を出すのは厳禁です。


自宅でにきびをしぼる場合、蒸しタオルなどを肌に当て、毛穴を開けてから消毒した綿棒二本をニキビにあて、そっと中身を押し出した後、エタノールなどを綿棒の先につけて消毒し、毛穴を収縮させます。


白ニキビを処置するには、事前に、ニキビ周辺をきちんと消毒するのも大切です。

爪などでニキビの箇所を引っかいたりせずに、指で広い範囲をつまんで、白いニキビを押し出します。

この白い物質の正体が皮脂です。

白ニキビは皮脂が毛穴につまり、肌の表面を持ち上げている状態なのです。

白ニキビを押し出したらその部分を消毒しますが、できれば消毒液などは使わずに、ビタミンCをタップリ含んでいる美容液や、美白効果がある美容液をその部分にコットンなどを使ってタップリをつけておくほうが良いようです。


自分でニキビの処置を行うときは、爪で中身を押し出すと雑菌が入り化膿してひどくなってしまうこともありますので、専用の器具(スキンケアツール)を使うとよいでしょう。


処置後は消毒もしっかり行います。

それでも、うまく出なければ、無理に押し出さず、皮膚科で処置をしてくれるところを探して、治療してもらうのが良いでしょう。


キズ跡が完治するまで、美白効果がある基礎化粧品や美容液などをこまめにつけるようにすると、ニキビ痕となって肌に残る事もなく、きれいに治療できます。

白にきびで皮膚科へ行くと、塗り薬や飲み薬などを処方されるところもあれば、

「白いニキビならこうやって・・・」と、正しいつぶし方、消毒の仕方を教えてくれる場合もあります。




【PR】今売れてます!! おすすめの二キビケア商品

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen