ようこそ! 「大人ニキビの治し方」へ
大人ニキビの治し方 トップ >  予防・原因・対策  > ニキビを潰してしまったら

ニキビを潰してしまったら

nikibi57.jpgニキビは、つぶしてしまうと、痕が残るので、
絶対爪でつぶしたりしてはいけないと、よく言われます。

一度ニキビができてしまうと、気になって仕方なく、
ついつぶしてしまったという経験は誰にでもあることでしょう。

実際のところ、ニキビをつぶしても何もよいことはなく、
つぶれたニキビの部分からアクネ菌が増えてしまい、
細菌も侵入しやすい状態になり、非常に不衛生です。

そのため、炎症を招いて化膿してしまうことがあります。


潰してしまった場合には、後のケアが大事となります。
つぶしてしまったニキビのケアに大事なことは、
まず患部を清潔に保つことが大切です。


お湯で患部を洗い流し清潔にして、皮膚の血流もよくしてあげます。
お湯を使うのは、皮膚の血行が良くなることで、
皮膚組織が活性化し、ニキビ跡ができにくくなるからです。

ニキビをつぶした患部をお湯で洗ったあと、できれば消毒まで行っておきます。

ただ、つぶしたニキビに対し、消毒をする方法は、
初期段階のニキビである白ニキビを潰したときに有効な方法です。

逆に、炎症がすすんだニキビや、
赤みや腫れをおこしている赤ニキビには却って
悪影響となりますので注意が要ります。


またクレアラシルやビフナイト等の市販のニキビ塗り薬も、
却ってニキビを悪化させる場合があります。

消毒を行ってもどうしてもニキビ痕が気になるなら、
できればすみやかに皮膚科等の専門医に診てもらうのが良いでしょう。

ニキビ痕などが残っていると、
レーザー治療を進める美容外科なども多いですが、


レーザーによっては、さらに肌荒れを悪化させ、
肌の状態が悪くなってしまう事もあります。

医師とよく相談し、信頼できるクリニックで適切な処置を受けるようにしましょう。




【PR】今売れてます!! おすすめの二キビケア商品

ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen